FC2ブログ

メギドのサバト

今月の収穫はハルファス・レラジェ・ティアマト・アンドラスの4人。
ティアマトは正直あんまり欲しいとは思わなかったんですが、まぁPUだからそりゃ出るよね、と。そのうち育てよう。
実はメギドの数なら、たぶん10人は出てますが……4諭吉(まぁうち3諭吉は先月の課金の残りですが)ですから、出現率10%だから10連につき1人として5600*4/1500=約15人なので、期待値は結構下回ってるのが萎えるところですね。
結局のところガチャは試行回数なので、単価が高いメギドのガチャは、4500ごとに最低保障があるとはいえ、割と辛い部類に入るガチャです。
ちなみにFGOは単価が安いので、キャラの確率はメギドよりずっと低いんですが試行回数が増えるという特徴があります。
まぁそれに、サバトはほぼ完全な闇鍋ガチャってこともありますしね。
とはいえ出たキャラのうち、半数以上がかぶりってのは流石に辛い。
メギドはソシャゲの中でも重ねの恩恵が薄い部類でして(奥義の威力が数パーセント上がるだけ)、正直重なってもまったく嬉しくない。
かといって、重ねて大きな恩恵があるゲームシステムにはなってないですからね。
そうなると、ダブったときの救済処置は、やっぱりトークン化なのかなと。
確率的に適正値がどのくらいなのかは分かりませんが、10人~15人くらいごとに、指名チケット1枚買えるくらいのことがあればな、と。
トークンの使い道が別にあってもいいですけどね、重要な高級素材(主に青真珠)と交換できるとか。
まぁトークンで指名チケット買えるなら、基本みんな貯めそうですけどw
僕も貯める。誰だってそうする。
まぁでも、速攻育てたいキャラは、そういうものでもないか?
関係ないけど前から欲しかったレラジェは素材が優しくて助かる。
もう星4.5まで速攻で来て、レベルが追いつかないという事態に。
まぁたまたまメギド素材余ってたのもありますけどね。
ハルファスは逆にメギド素材で詰まってしまった。
HGBD ガンダムビルドダイバーズ GBN-ガードフレーム 1/144スケール 色分け済みプラモデル
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) (2018-11-30)
売り上げランキング: 126
スポンサーサイト



「捨てる」ゲームデザイン

僕もそろそろゲーム開発の現場に身を置いて20年になりますが(途中、出版やってましたが、ゲーム関連ではありました)、色々な修羅場を経験してくると、思うこともそれなりにあります。
たとえば、選択と集中の重要性。拾うモノと捨てるモノを選ぶってことです。
ついこの前、DWの塩川氏が「捨てる」ことで成功したFGO運営についてのプレゼンをCEDECでやってましたが、あれは運営手法におけるものですね。
ただ、開発の現場でも基本は同じだと思います。
時間と予算と人員というのは常に限られているわけで、有り駒で出来る事を実現していくのが、会社としてのゲーム作りです。
そのあたり「ゲームを作ることが好きな人」との大きな違いじゃないかなぁ。
任天堂なんかも、こういうのは同じですね。
あの会社はお話しを伺う限りでは、リサーチを最重要視してる感じで、ある意味で世界でもトップクラスに「拾う」「捨てる」ことを極めて慎重に考えて、ゲーム制作してると思います。
とにもかくにも、それって砕いて言えば、誰に何を売るかなんですよ。
いわゆるAAAタイトルに日本人向けがほとんどない理由もそこで、日本人に一番売れるセンスで作ると、日本人にしか売れないから、開発規模としてAAAたり得ない。
マリオとかゼルダとかって、相当フラットなセンスで作ってますからね。
決して日本人に特化してない、グローバルな感性を持ち込んでいる。
任天堂のソフトでかなり日本人寄りに作ってるのはポケモンですが、あれでもXYあたりからはかなりワールドワイドな販路を見据えてますからね。
一番顕著に分かるのはキャラメイク。人種(髪と肌の色)を選べるのもそうですし、そこはさほど珍しくないんですが……SMだったと思いますけど、あれ「男女」の選択がないんですよね。
男女は外見に紐付いて(内部的に)自動で決定されます。
クチナシの「にいちゃん」「ねえちゃん」呼びとかのタグ処理用ですね。
これ、どういうことかというと……ユーザーに「男女を選ばせない」ということで、性同一性障害の子供に「男女を選べ」と強制しないって配慮から生まれた仕様らしいんですよ。
多感な思春期に、少しでも不快な思いをさせないって思考なんだとか。
この話を聞いたときは「そんな考え方までするのか!」ってすごいびっくりしましたね。
それが「世界に売る」という選択をしたとき、取るべきものなんだって。
任天堂とか、ゲームフリークの考える「売れるソフト」って、そういう配慮から生まれるものなんだなぁ、と翻って自分が雑に作っているものを眺めて、反省することしきりでした。
そういう「拾う」ゲームデザインは、なかなか真似できないなぁ。
RE/100 機動戦士Vガンダム ガンイージ 1/100スケール 色分け済みプラモデル
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ) (2018-12-31)
売り上げランキング: 11

2077年のシャドウラン

おっさんしか知らないかもしれませんが、昔、『シャドウラン』というTRPGがありました。
いや、今もあるのかな? そっちの業界は離れて久しいので、ちょっと詳しくないのですが……まぁ、僕が知っているのは、今から四半世紀ほど昔の話です。
D&Dのあと日本にTRPGを広めたと言って良い、ソードワールドやロードス島戦記、クリスタニアの少しあと、GURPSとか、それを下地に展開したレッスルエンジェルスとか、トーキョーNOVAとか、あのあたりの世代と同じ時代に展開されたTRPGだったはず……。
あの時代のオタクに漏れずドラゴンマガジンの愛読者であった僕は、シャドウランのリプレイを初めて読んだときから、これにいたくハマりまして。
当時は迷い無く「士郎正宗は10年先のセンスを持った超漫画家だ!」とか「サイレントメビウスはブレードランナーを進化させた!」とか痛いことを言っていた桂樹少年ですから、好みがどんなものかは推して知るべし、そりゃもう性癖にドヒットしたわけですよ。
というわけで当時ルールブックを買って、学校で仲間を集めて遊んでました。
それを賭博行為と間違われて、一悶着あったのはまた別の話。
ともかく、サイバーパンク大好きなんですよね、僕。
近年の僕の中での大ヒット映画、レディ・プレイヤー1なんかも、ああいう世界観が好きだったから、すんなり入れたってのは否めないところがあると思います
ただ、スナッチャーとかだとちょっと物足りなくて、もっと遵法意識とか、倫理観のないめちゃくちゃな世界(とそちら側の社会)が好きなんですよ。
メジャー過ぎてとくに語ったこともありませんが、銃夢とか大好きです、実は。
僕はその、「人間が元の人間じゃ無くなる」という存在喪失論みたいなものが大好きで、そのうちのひとつとして、サイボーグ化というものに割と憧れがあります。
(というか僕のTSとか魔物化とか好みの性癖は、この「自分が自分じゃ無くなる」というシチュエーションに全てが帰結していくんだと思う)
というわけで、シャドウランではエッセンス(魂のようなもの。サイボーグ化していくと失われていく、なくなるとロボットになる『人間性』の要)をギリギリまで削った、パーフェクトサイボーグみたいなキャラを好んで使っていました。
職業はいろいろやってましたが、だいたいは暗殺者か情報屋か運び屋の美女ですね。
ってなぐらいのサイボーグ大好きっ子なので、たぶん僕が生きてるうちに手が届く金でサイボーグ化技術が確立したら、躊躇無く身体サイボーグ化しますね(絶対に無理)。
というわけで、前置きが長くなりましたが、ずっと気になってたゲーム、『サイバーパンク2077』のロングゲームプレイPVが公開されました。
これ見て、PCの新調を決意しましたね。
ゲームのスペックが分かるまでギリギリまで引っ張りますが……絶対PCでやる。
このゲームはPS4でやっちゃいけないゲームだわ。
だって、あまりにも『勿体なさ過ぎる』から。
もしかしたらVR対応するかもしれないですしね。
いやぁ、とにかく楽しみですわ、生きる理由になるゲームだ、これは。

濡れ場の文章

って、割と書くの苦手なんですよね。
気恥ずかしさが先に立って、理屈っぽいテキストになっちゃう。
誰の影響なんだろうなぁ、これは。
あと僕もう10年も比較的低年齢層向けを書いてきてますからね、どうしてもプロットの動かし方というのが、そっち指向にになりがちではあります。
もともとは、それなりにエロも書く側だったんですが……。
ただ、僕はあんまり文章に自分の性癖を押し出すタイプじゃない気がする。
そこは、さっきも言った悪癖で、気取ってしまうのかなと。
自分を良く見せようとしてしまう、というか……。
もうちょっと、自然に書いていけるようなリハビリがいるなぁ。
これから先、自分の性癖にあったテキストにどのくらい出会えるか分からないし。
いざという時に備えて、自給自足できるようになっておかねば。
いや、バカみたいな話ですけど、結構大事じゃないかなとw
欲求を充足するのって、結局一生ついて回りますからね。
性関係だけが例外になるわけじゃないんで。
トランスフォーマー TFアンコール ビッグコンボイ
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-01-25)
売り上げランキング: 755

貴様に相応しいフォトンは決まった

かわいいかわいいナベリウスちゃんを愛用している僕ですが、最近この子(フォラスもですが)の強みというのを、ようやく実感として理解しました。
ご存じの通り「ラッシュのオーブ待機時間-1」という特性持ちのナベリウスちゃん。
ラッシュオーブはそれほど効果が強いものはないのですが、基礎ターンが2とか1のものが多いのが売りとなっています。
今回は2ターンのやつは置いておいて、1ターンのオーブの話。
1ターンオーブはナベリウスに持たせると、毎ターンオーブを使えるということになるのですが、これどういうことかというと、ナベリウスはフォトンの偏りに左右されずに、必ず同じ行動を取れるっていうことなんですよね。
ラッシュオーブにはアタック用のエクスプローラーやスキル用のマジックラットなど、フォトン強化バフ効果の1ターンオーブがあります。
たとえばスキル1個でスキルフォトンの強化が出来て、スキル型のサポーターとして鉄板とまで言われるアンドロマリウスですが、このメギドは逆に言うと、スキルフォトンが来ないと仕事ができません(チャージ取るのはともかく、アタックはほぼ無意味。ダメージが期待できない)。
その点ナベリウスはオーブさえ持たせておけば、スキルでもアタックでもチャージでも、何を取ってもスキル強化として働くことが可能。これがかなり強く、安定に貢献します。
また、ナベリウスはサポーターとしては足が速めなのも長所。
ゼパルみたいな最速アタッカー組より早く、普通のサポーターより速い位置にいるので、最速組がチャージなどで覚醒スキルの準備をしている間に強化を回したり、逆にサポーターを強化して最速組にバフをかける手伝いをするといって手段もあります。
ちなみにウチの場合アスタロトが主力に入ってるので、主にスキル強化のマジックラット持たせてますが、これがもしアンドロマリウスを入れてたら、トリックマスターを持たせる、みたいな他のサポーターに合わせられる柔軟性も特徴的。
そういう部分が、ナベリウスを愛用してる理由ですね。
ちなみに奥義でアタック強化が可能なのですが、そもそもあんまり奥義打たない。
基本的にいつもオーブ使ってますからねw
オーブ短縮メギドと言えばフォラスが代名詞みたいな感じがありますが、あいつは仕事が多いんですよね、オーブ使う以外にも。高性能過ぎるとも言えるかも。
フォラスもいれば強い鯖ですが、ナベリウスもなかなか捨てた物ではないということを、メギドユーザーには分かっていただきたい所存。
あとおっぱいむにゅっとしてるのが最高ですね、ええ。

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR