フライングゲット

根深い問題だなぁと思います、これ。
個人的な感覚で言えば、フラゲって気にならないんですよね。
見ても「ああ、そうなんだ」くらいにしか思わない。
くそ、見たくなかったのに!みたいな感覚はあんまりないんですよね。
ただ別に、俺の感じ方とほかの人に感じ方には何も関係はないわけで……。
ダメな人からすれば、そういうものでもないでしょう。
とはいえ、法的には「フラゲット」そのものが問題にはならないと思うんですよ。
だって、売ってるんですから。
フラゲットできたことに対して罪はないはず。
あくまでも「フラゲットさせた店」の問題であって。
もっとも、フラゲットして得た情報をネットに流すのは、また別の問題だとは思いますけどね。
とはいえ本質的には、それも問題ではないんじゃなかろうか。
「買った商品から得た情報を口にする」でしかないわけで。
無論、スキャンなんかはアウトなんでしょうけどね。
今はグレー寄りで扱われてますけど。
そういう意味で、僕は結局「イヤなら自衛するしかない」と思ってます。
はっきり言って、他人を思い通りにするより、自分が自衛するほうがラクですし。
そこに尽きますね、結局。
他人を思い通りに動かすことって、一番それが難しいので。
TYPE-MOONエースVOL.12 (カドカワムック)

KADOKAWA (2017-08-30)
売り上げランキング: 2
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR