銀の匙の単行本

なんか久しぶりに出てたんで、購入をば。
というか、実はどこまで買ったか忘れてましたw
後で調べたら12まで買ってたんだなぁ。
13,14を買ったんですが、数字合ってて良かった。
サンデーはもうまったく読んでないので、どんな展開になったのか知らなかったのですが、結局のところ八軒は大学行くのねw
いや、行くんじゃないかなぁという気はしてましたが。
そして浪人は多分しないんじゃないかなぁと予想。
なんでかというと、もともと高卒社長モード続ける話の展開で四年目に入ってたら、ヒロインである御影の出番はどうしても減ってたはず。それは当然のことですが、進学するという、わざわざそれを回避する可能性のある話の展開を盛り込んだわけですよね、ここへ来て。
となると、やっぱりダメでしたというのは、単なる尺伸ばしにしかならなくなる。
副社長として、あの資格が必要だってことから進学の話が出ているわけで、どのみちいつか、あるいは誰かが取らない資格なら、無駄に登場人物増やさないためにも、八軒が取っておくべきじゃないかと思うのですよね、物語としては。
だとしたら、もうこれは大学行くしかないだろうと。
とはいえ、大学の話がこの先数年分続くかというと、そんな気もしないんですよね。
おそらく、八軒が大学に進学した時点で、この漫画終わるんじゃないかなって気がします。
少なくとも「八軒の青春」を描いた話は終わるんじゃないですようか。
もう一気に10年くらい飛んで、新人畜産農家として御影と結婚して今の仕事ぶりを描いて終わりにするのかなとか、なんかそんな気がします。
まぁ、実際の所はどうなのかわかりませんけどねw
なんだかんだ言って、銀の匙は女の子がとても魅力的なので好きなんですよね。
「終わり方」が気になる漫画です。
銀の匙 Silver Spoon(14) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2017-09-01)
売り上げランキング: 25
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR