君の名は。

昨日も言いましたが、実はちゃんと見たのは初めてw
新海誠のことは、「winでイースのOPアニメを作った人」という認識なんですよね。
映像作家としての名声は知ってますが、作品自体はイースしか知らない、という形。
まぁあれですね、「空が綺麗な映画だなぁ」というのが第一印象。
空というか、遠景ですね。
カルデラ地形とか、糸守町を臨む神社からのカットとか。
あとは冒頭部の、電車の中っぽいアングルからの東京の姿とかもイイ。
逆に、クローズアップした風景はそうでもないんだよな……すごく普通。
バイト先とか、デート先とか。
話は……なんか、ちょっと行ったり来たりが多くて、締まりが無い脚本だなぁと感じました。
こう、ちゃんと腑に落ちる形で話がまとまってくれなかったというか。
いやハッピーエンドだし、最後二人は……って余韻を狙った話だと思うんですよ。
でもなんか、個人的にはイマイチ全体の流れが気に入らないというか、もっとピシっと「何かを解決する話」であって欲しかった。
このあたり、願望レベルの話なんで、あんまり評価とは関係ないんですけどね。
あ、評価と言えば三葉になったとき、何かとおっぱい揉む瀧君は好きですw
ただ、こういうのは結構、冒険したなぁというか、一般向け狙ってたら出してこない描写の気がするんで、そういう意味ではインディーズ志向がいい意味で抜けてないのかもと感じました。
もっとも、そういう「オタっぽいTS描写」を攻めた薄い本って、あんまり見ませんでしたけどね。
普通に三葉と瀧君の青春恋愛もののほうが多い印象。なんでや!
……それはそれとして、実はすごく4Kで観てみたいんですよねコレ。
空が綺麗だってのが、僕の中ではすごくポイント高くて。
ぜひとも、いい画像で観てみたい。
4Kを観る手段がないので、なんとか手に入れたら買ってみたいなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR