FC2ブログ

喫煙ブース

僕はもう自分では煙草を吸いませんし(若い頃は吸ってた)、実際今となっては煙草の臭いって相当苦手なんですが、それでも昨今の喫煙者に対する、ある種差別的な仕打ちは如何なものかと思ってしまいます。
禁煙と喫煙を区別するのは別に悪いことだとは思ってないんですが、喫煙していい場所である、と定めたのならば、せめてそこでは気持ちよく煙草が吸えるようにしてあげるべきじゃないかなと思うんです。
ネットで見ましたけどね、物置に喫煙スペース作るのはちょっと……合理的であるのは分かりますが、ちょっと酷いなぁと思わざるを得ない。
ナチスと牧師の話じゃないですが、ああいう差別的なものって『明日は我が身』というのが案外洒落になりませんからね。
とくに昨今のポリコレ棒振り回す輩の傍若無人ぶりときたら、もう。(何か色々あったらしく、絶許案件になっているらしい)
まぁともかく、煙草を吸うことは、あくまで自己責任。副流煙の問題はあるにせよ、あまり酷い環境に押し込めていいものでもありますまい。
それはもう喫煙者差別としか言い様がなく、見ていて気の毒でした。
一方で、そこまでするなら「煙草なんぞやめちまえよ」と思う気持ちもあり、正直なところ吸う人に同情は出来ても共感はできないのですよね。
実際、吸っていた両親には止めさせました。まぁ、親父が大病を患ったという、渡りに船な状況はあったのですけど。
それはそれとして、僕は同情と共感を切り分けて思考する人間なので、どうしても体験主義者的な言動になりがちなところがあります。
「自分が体験してないこと」は想像も理解もできるし、境遇に対して同情や憐憫は持つけど、それを我が物として共感はできないという話ですね。
そういう意味では、喫煙者差別にしても「自分のことではない」と客観的あるいは俯瞰的に見つつ、その上で同情してるんですよね。
こういう思考方法のせいで、某山本弘先生に酷いこと言われたりしたのをまだ覚えてます。どうでもいいことですが、もう。
ともかく、だらだら煙草を違法にしないくせに、違法スレスレで喫煙者を差別するっていう、今の社会はなんだかとっても矛盾を感じます。
こういうことこそ、早急になんとかせにゃならんのではないですかね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR