1945年の終わり

ぐだぐだコラボ、解放部分は一応クリアしました。
ミッションいくつか残ってますけど、20日までには確実に終わるのでいいや。
PU2は、この感じだとやっぱりないでしょうねぇ。
新モブ作ってますけど、明智光秀とか出されてもなぁって気がするし。
創作の『明智光秀』としては割とステレオタイプで面白みがない。
星5ノッブとかなら欲しいですけどね。
普通にキャスターとして呼べる可能性はあるのかな光秀?
しかし、なんか「あ奴」という書き方は割と読みづらいな。
「あやつ」でいいじゃん。あるいは「彼奴(きゃつ)」とか。
それはそれとして内容的には正直、あんまり見るべきものはなかった気がします。
ひとりのヒロイン(沖田オルタ)に焦点を当てるはずのストーリーなんですが、ちゃんとフォーカスできてないと感じます。
むしろ龍馬と以蔵のほうが目立ってたくらいで……。
あとノッブ。ノッブはいつもぐだぐだストーリーの中心軸にいる気がする。
最後だけとってつけたように別離の苦しみとか演出されても萎える。
ああいうネタってのは序盤から、しっかり積み立ててこそ、生きるものなのに。
きのこがメルトのとき、いかに上手くやったのか、ということですね。
「電脳楽土と尺が違うからしょうがないじゃん」とか言う向きもありますが、それはむしろ「尺が違う」ことが分かってるなら、別のテーマを探すべき。
5000文字には5000万文字の、2万文字には2万文字にふさわしいテーマとか内容とかってのがあって、それを見誤ると大変なことになります。
そういう意味では、やっぱりぐだぐだ(のボリューム)には向いてないテーマをやったなぁと、そういう感想になりますね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR