FC2ブログ

ゾイドワイルド


いやはや、予想以上でした。
正直に言ってしまうと、もっと子供だまし的なものを想像してた。
とこがどっこい、買ってみたらまっとうにゾイドでしたよ、ええ。
というか、過去のゾイドよりも『ホビー』として進化してる気がしました。
そりゃ、多関節の旧ゾイドほうが、作ったときの満足感はあるでしょう。
でも、それを補って余りある組みやすさと、『復元』と名付けられた、遊び心満載の説明書によって、組んでいて楽しいんですよ、すごく。
動かしてみてもそうです。
精密な、細かい動きは多関節ゾイドのほうが上でしょう。
たとえばジェノザウラーとか、ブレードライガーとか。
でも、考えてもみれば、クソ馬鹿でかいワンパーツに近い脚を持っていたマッドサンダーの歩行アクションが、雑だった記憶はありません。
四足歩行の王道的な構造を引き継いでいるガノンタスやガブリゲーターの動きが自然なのは、さもありなんというわけです。
逆に多関節で足の長いタイプも、ともすればもがいてるようにも見える多関節よりも、上体が安定している今回の肘膝のほうが、かっこよく見えます。
どのみち、生物の動きとしてはどっちも間違ってるわけですしw
この上体の安定っていうのは、結構旧ゾイドと違うところの気がする。
ギミックがあるせいか、あんまり横ぶれないんですよね、姿勢の。
動かしてみて、正直びっくりしました。
ワイルドブラストも意外性があっていいですし、出るまではなんだかんだ言いつつも、結局シリーズは当面、全部追っていく予定にしますw
問題は……置き場ですね。
昔からそうなんですが、ゾイドは幅取るんですよ、基本的に四足歩行(二足歩行でも、完全に身体を起こしてる奴はいない)だからw
はてさて、どうしたものか。

ZOIDS ゾイドワイルド ZW01 ワイルドライガー
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-06-23)
売り上げランキング: 10
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR