クリエイター魂

僕は仕事柄、自分より遙かに格上のクリエイターの方々にお話をうかがうことも結構あるのですが、そういうときは非常に刺激を受けますね。
ああ、この人の話を聞けて良かった……というか。
当然ですが、自分の至らなさというものは、そこで思い知ります。
主に「ああ、こんな深く考えていなかった」とか。
でも、そこでその『気づき』を与えてくれるのが、ナマで話を聞いた価値だと思うのですよ。
雑誌とかのインタビューでは聞けない、リアルな現場の言葉ですからね。
正直仕事ですから、言えることと言えない事の狭間に追い込まれて、腹の探り合いになることもありますが、それもまた経験のうちではないかと思いますし。
何にせよ、いい話を聞けたから、きっといいものが書けるなぁ……と気持ちを改めることができるのが、一番ありがたいところですね。
物を書くということは、どんなものであれインプットが大事ですが、こういうチャンスに特別なインプットをもらえるのが、プロになって良かったなぁ、と思うところだったりします。
ある種、役得ですね、ええ。
どうでもいいけど、クリエイターって言葉は胡散臭くてなんか好きじゃないです。
とはいえ、クリエイター以外に言いようがない仕事なのも、事実なんですけどw
Xenoblade2 (ゼノブレイド2) - Switch
任天堂 (2017-12-01)
売り上げランキング: 246
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR