FC2ブログ

スタジオシリーズ

最後の騎士王があまりにも評判悪かったか、それとも単に飽きられただけか、実写版シリーズをリブートすることになったようですが、そのせいで結果として旧5部昨+外伝の総決算となりそうな、このデラックスクラスでのスタジオシリーズ。
実はあんまり情報入れてなかったのですが、キャリバーオプティマスとかハウンドとか、最後の騎士王のトイが良かったので、ちょっと買ってみました。
買ったのはオプティマスなんですが、第一印象は「肩幅広っ!?」ってところですね、見ての通りという感じですが。
今回も、全体としては映画を意識したパーツ配置で変形するのですが、これまでと違ったパターンをやってみよう、という意欲を感じます。
肩幅異様に広いこと除くと、すごいかっこいいんですよね。
変形も細かい爪やダボによってしっかり固定されるし、パーツの精度もいいので、ガワのかみ合わせでズレや隙間も出ない。
特にビークルの運転席部分は、細かいパーツがぴっちりとはまって、このサイズでは相当かっちりした変形になってます。
一度手順を覚えれば、鼻歌交じりで弄れる難易度なのもグッド。
ちなみに個人的に好きな部分のは、運転席のサイドパネルがどんどん背中に折りたたまれて、そこにフロントフェンダーが裏返しで収納されるところと、車輪の収納関係のギミックですね。
フロントのタイヤが上述のような変形をするフェンダーを残してリアに移動、サイドのパーツごとたたまれ、さらにリアのダブルタイヤの片方が膝軸を介して太もも側に移動して、おなじみの太股のダブルタイヤに。
そして残った脚のタイヤは、余ったリアフェンダーを折りたたんでタイヤを丸ごと包む感じのカバーに変形と、タイヤとかダミーでいいじゃん的な妥協を許さない、すばらしい変形。
まぁ、旧三部作デザインは、ロストエイジ以降の新デザインと違って、理不尽にパーツ変形しないので、融通が利きしやすいのだろうなぁとは思います。
ロストエイジの新デザインは、変形ロボットのデザインとしては、基本的には失格だと思ってるんですよね僕。
かっこいいとか悪いとかって次元ではなく、ロボット・イン・ディスガイズには、変形前を想起できてこそ、というのはありますし。
つーか、あのむちゃくちゃ変形ってオプティマスだけなんだよな。
ビーとかドリフトとかハウンドは割と普通にパーツの面影あるしw
なんであんなデザインに……せめて胸にフロントガラスあればなぁ。
あ、ちなみにスタジオシリーズはあと、スタスクとメガトロンとブラックアウト(グラインダー)が欲しいです。
もちろん、フォレストバトルを再現するためなんですが……ブラックアウト高すぎだろう……プレミアついちゃってまぁ。
あと、希望ですけど、ジェットパワーオプティマス欲しいなぁ。
この体型、あれになるならボリューム負けしなくていいと思うんですけどね。
ジェットファイヤーをばらばらにして組み替えてもやれそうだし。
トランスフォーマー SS-08 ブラックアウト
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2018-04-21)
売り上げランキング: 14,194
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR