理想のメギドパーティは遠い

メギド72は悪魔のゲームだなぁ。
いや、メギドたちは悪魔なんですが。
それはともかくとして、たとえばFGOは「シナリオでキャラを欲しくさせるゲーム」だと、僕は思ってます。
むろんメギドにもそういうところはあるのですが、ただ比重としてはキャラクター性と同じくらい、性能シナジーで欲しくさせるゲームだなぁ、と強く感じます。
このゲーム、1ターンごとにアタック・スキル・チャージという三つの行動のフォトン(行動権)を敵味方で奪い合うことでバトルをするシステムになっています。
場に出るフォトンの数は決まっていて、種類はランダム。
ということは、戦略として「どのフォトンを取るか」というものが、かなり重要になってきます。
アタックは基本単体攻撃と奥義のゲージ+1に奥義の発動。スキルは特殊な攻撃やバフデバフと、それが強化された覚醒スキルの使用。チャージは攻撃なしで奥義のゲージ+2となっています。
たとえばスキルが強力な敵に対しては、こちらもスキルのフォトンを奪って「相手のスキル行動権を奪う」という行為が、戦術として成立します。(というか、それを意識しないと駄目なくらい、猛火力の敵とか出てきたりする)
で、この場合は、奪ったスキルのフォトンがただ奪うだけでなく、味方のプラスになればさらに良いというわけです。
また、スキルや奥義の中には、相手の持っているフォトンを破壊するスキルもあったり、ともかく強力な相手の行動をいかに邪魔するか、いかに防ぐかがカギとなる、非常に特徴的で面白いゲームシステムを持っています。
しかし、話の肝心なところはこれから。
フォトンの数は限られているのは、味方の間でも同じことなんですよ。
だから限られたフォトンを有効に使えるキャラを選び出す必要があります。
たとえばうちのパーティのエースであるオセというキャラは、奥義ゲージが2なので、チャージ・スキル・アタックの順に取れば、まず初手で奥義&覚醒スキルが使えるようになり、次に覚醒スキルが発動して奥義ゲージをひとつ減らしつつ4回攻撃+アタック追加の特殊効果が発動。そこから最初に積んだアタックで奥義ゲージを再チャージして、覚醒スキルで追加されたフォトンで3回攻撃の奥義が発動、合計1ターン8回攻撃が可能というキャラ。
Ose-3star.jpg 
総合的には。手数だけでなく固有パッシブで火力も高く、素早いので行動順も速い反面、紙装甲なので守らないとすぐ死ぬ、みたいな特徴を持っています。
フォトン・スキル・アタックをまんべんなく使うという点で、どんな状況でも安定して使えるキャラの代表みたいな奴です。
このキャラを生かすためには、攻撃回数に定数ダメージ(一発につき固定ダメージを追加するバフ)を追加するキャラが有効で、それが僕がTwitterで騒いでいたアスタロトというキャラ。
Astaroth-3star.jpg 
このキャラはスキル効果で1人相手に定数ダメージを付与できるバフを持ち、さらにリーダーに配置すると、連続攻撃のダメージをアップさせるという固有パッシブ(マスエフェクト)をオセに与えます。
ぶっちゃけ、オセのような「連撃系」と呼ばれるキャラ(オセ、ウヴァル、ウァレフォル、ゼパル、ニバスあたり)の多くはピンでもやっていけるのですが、さらに強化できるというわけです。
おまけに、この編成はスキル2個・チャージとアタック1個と実に省エネ。
逆にもう一人のエースであるニバスというキャラは、攻撃力が全キャラ中最高クラスに加えて、主力がスキル(スキルで攻撃するたびに攻撃回数が四回まで増えて、最大12回攻撃する)なので、とにかくスキルをたくさん積んだ方が強いのです。
Nybbas-3star.jpg 
そうなると、アスタロトのスキル効果やマスエフェクトとの相性は悪くないのに、フォトンが限られているという意味で、実際にはかみ合わないこともしばしば。
アスタロトは奥義も強いので、まったく駄目というわけでもないのですが……実はアンドマリウスという、奥義で全体にスキルフォトンを追加できるキャラがおり、ニバスの強みを理解すればするほど、こちらが欲しくなってくるという……。
Andromalius-3star.jpg 
ちなみにアンドロマリウスのスキル効果はスキルの効果アップ。前述の通り、アンドロマリウスは奥義ゲージが4なので、チャージ2個+アタックで毎ターン奥義を撃ちつつ勝手にスキルまで使えるので、ニバスと食い合うことはありません。
マスエフェクトに関してはアスタロトのほうが連撃向きですが、アンドロマリウスの奥義ゲージを増やすエフェクトを持っているので、ニバスの奥義(これはこれで高火力)を撃ちやすくなるという利点がありますし、何より最大16回攻撃というトンデモ火力はボス格すら容易に殲滅しますし、1ターン目の終わりで1発あたりの最高である4回攻撃(同格程度なら余裕で瞬殺可能)に到達できるのも利点。
これはあくまで一例ですけど、こんな具合に1人を育て始めると、こっちも組み合わせたらどうかな、あのキャラ欲しいなとどんどんキャラが欲しくなるという。
あと、キャラがかわいいのもいいです。
とりあえずアンドロマリウスとナベリウスとハルファスとサキュバスとゼパルとアムドゥキアスとユフィールが欲しいです。
Naberius-3star.jpg 
ちなみに手持ちで好きなメギドはオセとボティスとニバスとマルコシアス姉さんとグレモリーとフルカスです。
Botis-3star.jpg 
……最低でもキャラ、144人まで増えるんだよな。
コンプリートとか絶対無理そうだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR