最近読んだ本


と言われて、これといって名前を挙げられないことに気づいた。
いや、読んでないわけじゃないんですよ。
少し前までは、オーバーロード読んでたりしたし、今も幼女戦記とか、映画の原作(空飛ぶタイヤ)とか、仕事の関係の資料になる本とか読んでますし。
ただ、それが知識ではなく思い出となると、パッと名前が出てこない。
感銘を受ける本がないのか、鈍くなったのか。
正直なところ、後者かなと思わなくも無いです。
こういう感受性的なものって、サボるとすぐ鈍るし。
ただ、振れ幅としては僕は映画で受ける感銘が一番多いのですよね。
映像パワーというのはすごいものがある。
同じ理由で、ゲームなんかでもそう。
シチュエーション&ドラマのストックを増やすことが大事と、僕は自分に言い聞かせるように繰り返し言ってますが、映画やゲームは、それを豊かにしてくれます。
アニメは……アニメだからどうというのは無いのでしょうけど、あまりこの振れ幅はないかなぁ、個人的には。
このあたりに関しては一般論というよりも、自分の好みの話かな。
集中力が映画やゲームだと続くけど、アニメだとたとえば1クールとか、なかなか続かないでダレるってのが、理由なのかも。
その意味では本も同じですね。
読んでる時間が長すぎて、結構ダレてくる。
メリハリが大事なのかな、自分の中での。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR