ゲームのテンポ

最近、FGOとかメギドとかシンフォギアとか、色々なソシャゲRPGをやり比べるような状況になっとるのですが、いろいろやってると、FGOってやっぱりバトル良く出来てるなぁって思います。
奥が深いとかそういう意味ではなくて、一定以上(おそらく、一部クリアくらい)の実力があるユーザーなら、あまりストレスがかからないレベルのバランスに上手く抑えてあるなぁと。
FGOって、同じような敵のレベル帯、HP、ATKでも、もっと嫌らしいプレイ感にもできるはずなんですよ、ゲームバランス的には。
ボスを混成にして、必ず騎を混ぜとくとか、確殺をちゃんと計算するルーチンを組むとか、簡単な形で難易度上げる方法はいくらでもあります。
でも、それやっても面白くないですから、結局。
RPGの戦闘って原則は「ほどよい障害」であるべきなので、あまりぶっちぎってシビアなバランスにしてもしょうがない。
シビアなバランスというとアトラス系──とくにメガテンが思い当たりますけど、あれのシビアさは積み上げの上にあるシビアさとはちょっと違いますしね。
どっちかというと、道を歩くとき、交通事故の可能性を絶対に排除できないみたいな意味でのシビアさですから、アレ。
あれは神経を使うので、割と好きもの向けのバランスだと思うのですよね。
代わりに、分かってしまえば爽快感も大きくなるのですが。
この爽快感と難易度のバランスって、RPGを作る人間全員が悩んでるものなんだろうなぁ……実際、自分もいろいろ意見出しますしね。
いろいろなゲームに手を出すのは、引き出しを増やす意味もあります、ええ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR