FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻殻機動隊SAC

士郎正宗の攻殻機動隊と言えば、アラフォーアラフィフ世代には絶対のビッグネーム。
特に押井守の劇場版が有名ですよね。
まぁ、僕は押井守の最高傑作は劇場版パトレイバー1だと頑なに信じているような人間なので、いわゆる「押井臭」が強い作品はあんまり……という感じなんですが。
そしてそれ以前に、士郎正宗のエロティックなデザイン・絵柄そのもののファンだったために、そういう部分を削ぎ落とした劇場版はあまり興味が湧かなかったんですよね。
同じ理由で、押井作品ではないものの、SACも興味はあまりなかったんです。
しかし、特に見るものがない、という理由で、この正月からNetflixでなぜかSACを見始めたのですよ……もう15年くらい前の作品なんですね。
たっぷり26話あった……そして、「笑い男」という事件をひとつの縦糸として、毎度毎度の事件・出来事を横糸に、緻密に織り込んで一つの物語にするという……いや、面白かった。
一気見したのが良かったかもしれない。
あと素子の格好はやっぱり変態だと思うw
考えてみると、全身義体化に憧れがあるのって、たぶん素子のせいだなぁw
主に原作版ですけどね。
仮に僕が生きてる間に電脳化や義体化ができるようになったら、たぶん僕はやります。
できるなら、女性型義体使いたいなぁw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。