FC2ブログ

素人と玄人と己の領分

なんというか、専門家に任せるというのはとても大事なことなのだな、というのが、去年一年で自分が学んだことですね、ええ。
ゲーム制作って割と閉じた世界なんで、上意下達で仕事を片づけるだけで、結構上手くいくんですよ大きい会社だと。
少なくとも、製品として成立はする。
でも、ところがどっこい、どうでもないケースもあるもんだな、と。
そこで思ったのが、プロに任せるという区別・領分の切り分けをはっきりやるということ。
何の仕事でもそうなのかもしれないのですけどね……。
でも、「自分より相手のほうが出来る」って認めることは大事だと思うのですよ。
僕は物書きですし、書く物には相応の自信があります。
でも、企画プランナーとしてのスキルはそんなに高くはありません。
だから、できる人に任せる。
逆にそちら側は、テキストを僕に回す。
そうやって「できないこと」を切り出して、出来る人にやってもらう。
というのが一番効率がいい、と思うのですけどね……。
世の中、これが分かってない人も多いんだよなぁ。
そうなると、あっちこっちに迷惑まき散らすだけなんですよね。
なんとかならんもんかなぁ……。
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて ブリングアーツ マルティナ
スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX) (2019-06-30)
売り上げランキング: 19
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

凄くわかります!!

私は以前職人をやっていたので仕事の切り分けは当たり前だと思っていたのですが、
サラリーマンになるとソレは効率が悪いとか頭の悪い考えがまかり通っているんですよね、

お前等が絶賛してるトヨタ方式教も、仕事の切り分け単純化による効率化が軸じゃねぇかって思うんですよw

アイツ等会社の金で講習受けて何聞いてきたんだろうってw


そういうバカを相手にする時は、変更がある度に証拠を残しておくことが大事です、コケたら絶対にアイツが勝手にやった、もしくはアイツの誘導に従ったって言い出しますから。

No title

なんというか「他に何も求めないから、邪魔だけはしないでくれ」という、やるせない気持ちになることが多いw
こういうの、本当に不毛だと思います。
非公開コメント

Twitter

プロフィール

Author:桂樹緑
ゲーム作ったりシナリオ書いたりするぐうたら猫です。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR